So-net無料ブログ作成
お得情報 ブログトップ

エアコンの電気代が安いのは、除湿(ドライ)or冷房どっち?

今年もエアコンを使う季節となってきました。


ここ近年、電気代の値上げが行われているため、

エアコンは使いたいけど、

出来るだけ電気代をかけたくないと思っていませんか?


できるだけ、エアコンを付けないことが電気代の節約にはなりますが、

今回はエアコンの電気代を節約して使う方法を簡単に説明します。



エアコンの除湿と冷房どっちがオススメ







そこで気になるのが、今回のタイトルである

エアコンの電気代が安いのは、除湿(ドライ)と冷房のどちらか?」

を説明します。


まず、結論から挙げると除湿機能によって違います。


その理由として除湿(ドライ)機能は2種類あるからです。


その2種類とは、「弱冷房方式」と「再熱方式」というものです。


この2つの除湿の特徴を簡単に説明しますね。


弱冷房方式とは、その名前のとおり、弱い冷房です。


冷房との違いは、2点あります。

①高出力運転をしない(送風を強さを抑える)

②設定した温度になると送風機能を停止させる。


つまり、除湿効果としては弱いです。


次に再熱除湿は、温度を一度下げてから

適正な温度に上昇させてから除湿を行います。


除湿効果は弱冷房方式よりこちらのほうが高いです。


デメリットとしては、弱冷房方式より電気代が高いことです。


2種類の除湿機能について簡単に説明しましたので、

ここから本題に戻ります。


除湿機能の種類によって、

冷房か除湿のどちらが電気代を節約できるのはどちらでしょうか?


ここまで読んで頂いた方であれば、結論はわかっているとは思いますが

結論を発表します。


弱冷房方式の除湿と冷房と再熱方式除湿の中で一番安いのは、


弱冷房方式の除湿です。


左から電気代が安い順に


弱冷房方式 < 冷房 < 再熱方式


という順番に電気代が安くなっています。


エアコンの性能やエアコンを使う部屋の環境等で変動しますが、


弱冷房方式であれば、冷房に比べておおよそ15%程度は電気代が安くなります。


再熱方式であれば、冷房に比べておおよそ15%程度は電気代が高くなります。


もし、自分のエアコンの除湿が弱冷房方式と再熱方式のどちらかわからない場合は、

取扱説明書を見てくださいね。


もし、取扱説明書がない場合は簡単な見分け方があります。


その方法とは、

弱冷房除湿なら、エアコンの吹き出し口から涼しい風が吹き、

途中で風が止まります。


再熱除湿なら、エアコンの吹き出し口からの風が涼しくないです。


こういった違いがあるので、確認してみてください。


設定温度に到達すると、吹き出し口からの風が止まります。









お得情報 ブログトップ
広告スペース
Copyright © トレンドニュース発信局(仮) All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。