So-net無料ブログ作成
検索選択

石井一久が引退して吉本芸人に?伝説や年棒!神田うのとの関係は?

石井一久選手が2013年9月24日に引退会見を開きました。



石井一久






今まで、ヤクルト、ドジャース、メッツ、西武などの複数の球団で活躍を続けてきました。


石井一久選手といえば、奪三振率の高さが売りで、

1998年には、シーズン三振奪取率の11.047の日本新記録を樹立するなど

日本の奪三振王にも2回受賞している。


年齢も40歳ということで引退を覚悟したのかもしれませんね。


その引退会見で、野球に対して

「今でも勝ちたい気持ちも『やれる』という気持ちもあるけど、

そこに向かうまでの準備にちょっと疲れた」

などと石井一久選手らしい言葉などが引退会見でも話していました。


そんな、石井一久選手が引退後に来年の4月から

吉本興業に契約社員として入社することを発表しました。


吉本興業と聞いたら、お笑い芸人と印象強いと思いますが、

石井一久選手がお笑い芸人になるとは限りませんね。


でも、石井一久選手の独特の空気ならその辺のお笑い芸人より面白いとは個人的には思います。


もちろん、本業の野球関連の仕事として、野球解説の仕事も行うようで、

並行して業務を行っていくようです。


そんな、石井一久選手の今後の動きにも注目ですね。



石井一久選手について調べていると

神田うのさんの名前が出てきますが、熱愛関係なのでしょうか?


石井一久選手は、2000年に元フジテレビのアナウンサーの木佐彩子さんと結婚していますので、

神田うのさんと熱愛であれば大問題となってしまいますね。


調べてみると、石井一久選手が結婚する前に神田うのさんと付き合っていたことが原因のようです。





石井一久選手の伝説といえば、独特な言い回しもありますが、

投手をやっているなら憧れる「ノーヒットノーラン」を達成したことがあります。


ノーヒットノーランというのは、

1試合を一人で最後まで投げ切り、相手のチームに安打や得点を与えず完封勝利することです。


今年では、中日の山井大介選手が達成したばかりですが、

まだ現時点で達成者が88人しかいないんです。


まさに伝説級ですね。





最後に、石井一久選手の年俸について気になっている方が多いようです。


今年の年棒は、1億9,000万円と高額になっているんですが、

来年は、解説者と吉本の契約社員ということで、

大幅に減るのは間違いないですね。


大きく年棒が減ることで、税金的にもかなり大変なことになりそうですね。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © トレンドニュース発信局(仮) All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。